開業編:独立開業・在宅で稼ぐビジネス

まずは、自力で取り引きする経験を積む

まずは、独立というよりも在宅で収入をえるところから始めましょう。

単発の収入でもいいですから、まずは自力で稼ぐことからはじめましょう。

ただ独立開業計画は、しっかりとねっておいてほしいと思います。

たとえば、自己資金の足しにするために、不要品を出品してオークションで稼ぐなど・・・

ビジネスらしいことを独立開業の前から始めていき、自分が主体でビジネスを行うという感覚をもちましょう。

自分が責任者であり、経営者であり、取引の主体であるという、全部が自分の責務において行われるということを雇われて働くだけだった人には、体験する必要があると思います。

それが独立開業ビジネスとして繋がっていくかもしれませんし、またつながらなかったとしても、独立開業へのステップとしていい経験になると思います。

タグ

2009年7月24日|

カテゴリー:開業編

独立のためのスキル資格を身につける

独立するのに絶対に必要な許認可や独立開業資格取得は当然として、独立する前に、後々でも必要になりそうなスキルや資格は先に密に毛手おいた方がいいと思います。

独立後の方が時間が自由にかるような気がするかもしれませんが、独立後に何かを勉強するという葉大変なことです。

会社員のうちは、決まった給与があり、そのなかで仕事時間以外を咲いて資格取得やスキルUPを計ることになりますが・・・

独立すると、収入を得るための仕事が優先になり、時間があれば、そちらに労力をさくというのが普通です。

よほど軌道に乗るのが早ければ、資格取得などの時間が作れるかもしれませんが、そさうで無いことの方がおおいので、独立後に必要になりそうなことは、独立開業前にやっておくのがベストだと思います。

タグ

2009年7月23日|

カテゴリー:開業編

独立開業の成功をたかめるたねにはどうしたらいいのか?

独立開業起業するのが、そのこと自体が最終目的ではないはずです。

問題なのは、独立したあとの事です。

独立して、自分で収入を得て、整形を立てて、事業を続けていける事が最大の目標です。

事業を継続していくなかでは色々な試練が訪れることと思います。

時には、方向性を変えて、新しいビジネスを始める必要がでるかもしれません。

どんな独立開業ビジネスであっても全く試練無しに、生涯楽にビジネスを続けていけることほとんどないでしょう。

継続は力なりで、続けて行くことが重要ですから、3年は辛くてもがんばりましょう。

ただし、もし融資など借り入れが増えて、返済が膨らんでいくようなことをしなければならないのならば、早く決断して、一端廃業して、出直しをはかるべきです。

継続は成功を導く大切な酔うぞですが・・・むだな引き延ばしは再起を不可能にするほどダメージをうけます。

もちろんそれぞれの環境によって異なります、独身者の独立開業なのか、家族など養う者がいる人の独立開業なのかによっても、生活費の必要額でどの程度辛抱可能かは異なってくるでしょう。

もし、多少生活費が苦しく、3アルバイト程度でしのげるのならば、あきらめずにがんばることがいいでしょう。

それではしのげず、返済に窮するようなことになっているのならば、早めに出直しをはかることも考えましょう。

一度の失敗で、夢を捨てる必要はないので、もんだいは再チャレンジできるかどうかということなのです。

そのためにも、しっかりとした、開業後の生活も含めた独立開業プランをつくりましょう。

タグ

2009年7月20日|

カテゴリー:開業編

独立に安易な融資は受けるべからず

会社のリストラや解雇、派遣の打ち切りなどで非常に不景気な世の中になってきています。

その中で自分の腕を頼りに独立開業する人が多いようです。

そういった場合一番ネックになるのが開業資金ですね。

自己資金で全額まかなえればそれにこしたことはないですが、そうは行かない場合も多々あるでしょう。

そういった開業資金の調達にビジネスローンを利用する人がいるみたいですが民間のビジネスローンとくに消費者金融系はすぐに貸してくれますが、金利が高く返済が大変なのでおススメ出来ません。

折角開業し今後のために事業に専念出来る様、大事な開業資金はしっかりとした金融機関での借り入れが一番だと思います。

政府系の金融機関ですと金利も安いですし返済据え置き期間も1年も受けられています。

審査書類を作るのは大変ですが、条件的には事業に有利です。

それに比べ民間のビジネスローンは最初楽に借りる事が出来る分返済は非常に厳しいですし、据え置き期間などありませんから、借りたらすぐにつく別から返済して行かなければなりません。

まず、独立開業を考えているのであれば開業資金の半分くらいは自己資金にするのがベストです。

タグ

2009年7月20日|

カテゴリー:開業編

個人事業開業+自宅開業+レンタルオフィス

営業者や店舗にテナントなどを借りて独立開業となるとかなりの出費になりますし、毎月の固定経費もバカになりませんね。

開業間もない頃はこの固定費を稼ぐだけでも大変なこともあり、成功まで粘り腰で続けて行くことが困難になってしまうこともありますね。

個人事業開業で自宅開業という組み合わせが一番コストのかからない独立開業プランではないかと思います。

ただし、ビジネスによっては、自宅開業では困る事もてできますね。

通信販売などの場合、法規にのとってビジネスするには、住所連絡先を表記する一葉がありますが・・・自宅の住所公開になってしまいます。

打ち合わせや取引先の営業マンなど、自宅に訪問者がくるのは色々と困ることもあります。

特に家族がいるばあいなどは、家族に迷惑をかけてしまうことになるでしょう。

方法としては、バーチャルオフィスやレンタルオフィスなどを別途借りておくといいと思います。

たいていのオフィス什器は用意されていますので、何も持ち込まなくても直ぐに営業がはじめられるので、費用が抑えられますし、受付、応接室、会議室なども用意されている事がおおく、レンタルオフィスによっては、接客の代行や電話の取り次ぎ、秘書サービスなどもありとても便利です。

もう1つの方法としては、自宅の1室を改築するとか、増築するとか・・・庭先にプレハブで専用事務所を設けるとかもいいでしょう。

店舗が必要ならば思い切って店舗併用住宅を建ててしまうとかもありでしょう。

タグ

2008年5月20日|

カテゴリー:開業編